低コストで投資を始めるなら評判のよいみんなで大家さんを利用しよう

家賃の徴収とローンの返済

マンション

借りたお金は家賃で返済

不動産投資では高額の不動産を購入するのが一般的であり、全額を自己資金で購入するということはあまりありません。不動産投資ローンを利用して負債を作った上で、返済を行うという形を取りますが、それが利益になるのは理由があります。不動産を購入した時点では現金資産を減らし、負債を負うことから資産的には大きなマイナスになるのが不動産投資です。しかし、それからはその不動産を賃貸して家賃を徴収することにより継続的な収入を得ることができます。その収入をローンの返済に使用して、余剰分は利益として蓄えていくことができるのです。そして、長い年月をかけてローンの返済を終えると購入した不動産は自分の資産になります。この時点で実質的に不動産の購入が完了したことになり、ローンの返済に使用してきたお金に相当するような不動産資産を手に入れられることになります。これが不動産投資の仕組みであり、購入した不動産の賃貸によってローンを返済することで資産形成を行うのです。この方法が優れているのはローンの完済をすると賃貸して得られる家賃は全て収入になるということでしょう。それまではローンの返済のために家賃のほとんどがなくなってしまっていましたが、完済した途端に大きな収入を得られる状況になります。返済を行っている期間は微々たる収入しか得られなかったとしても、その時期を過ぎた途端に大きな収入を得られるようになって資産形成を加速させられるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加